わくわく計算ライフ

ゲーマーによる節約生活。はじまります。

楽天モバイルキャリア決済使うかの検討

リリースされたけどSPUが特に美味しくないなーってので放置していたサービスですが、気になる点があったので見直すことに。

1. サービス概要

GooglePlayの利用料を、楽天モバイルの請求に乗っけて支払えるサービス。
他の通信キャリアでも良くあるやつですね。

他社との違いとしては、

  • 楽天モバイルは利用料金をポイント(期間限定ポイントも含む)で支払い可能
  • 月2,000円以上の利用でSPUで+0.5%還元率up

辺りが特徴でしょうか。

2. 既存のGooglePlay料金支払い法

現状利用している支払い方法がギフトコードを購入し、Google Playアカウントにチャージしての支払い。

event.rakuten.co.jp

楽天市場のショップでの買い物扱いになるので、

  • SPU適用
  • 1,000円以上購入で買い回りの対象に(+1%)
  • その他の楽天市場のキャンペーンの適用(0, 5の日他)

自分の場合はSPUが基本7%ぐらいで、買い回り+1%, 0,5の日+2%で10%還元ぐらいが基本な感じです。
サブスクが平均で月2,000円を上回っているのでこれが毎月の基本な感じです。
ふるさと納税する月とかに多少寄せたりして調整することはあります。

これだけ見ると、キャリア決済のうま味ってこのSPUでのバックを捨てて+0.5%。
買い回りを考慮すると-0.5%なんであんまりうま味無いなーってのが基本だと思います。

仮にポイントで支払った場合はこの差がカード決済でのみ適用されるSPU分縮まりますが、逆転はしません。

3.キャンペーンを適用する

期間未定ですが、2020年8月から以下のキャンペーンが実施されています。

network.mobile.rakuten.co.jp

このキャンペーンを適用するとモバイルキャリア決済分の10%、期間限定ポイントが返ってきます。
先ほどの例と比べて遜色ない還元率です。
また、ポイント支払いで考えると従来の支払い法に対して還元率が逆転します。

期間限定ポイントが余ってる!という人はYoutube Premiumなどのサブスクをモバイルキャリア決済にするのもアリ。
キャンペーン期間は今のところ未定なので、いつの間にか終わっていた…みたいなケースには注意が必要ですが。

4. 結論

今のキャンペーンやってる間は期間限定ポイントの消化には使っても良いかもねー。